ケータイ小説 野いちご

零度の華 Ⅰ


「燕(スワロー)待たせたな」


「いえ、それにしてもどうして時間をずらすのですか?」


「こいつの用事があるからな」



あたしの方を見て、自分はスタスタと特等席へと歩いていく


ドカッと座るとあたしを見つめる





「零(ゼロ)のためですか?」


「まぁ、ちょっと問題が起こるとまずいんだよ」


「問題?」





あたしの今の現状を知っているのはここに1人しかいない




『思うように体が動かねぇんだ。俺の体が動くうちに終わらせておきたいんだ』




よく理解ができていない様子の燕(スワロー)


知らなくていい




あたしのことを知る者が増えるのは望んでない



「そういうことだ。21時に開始する。20時半にここ(アジト)の駐車場で待ち合わせな」


「分かりました。俺はこれで失礼します」





時計を確認すれば、今はまだ午前8時





< 197/ 332 >