ケータイ小説 野いちご

お昼ご飯を食べて、のんびりと過ごす。

南さんは最近、祐士が寝ると必ず事務所に顔を出している。

「ねぇ、敦さん。何か組で起こってるの?」

「由紀さん、俺はわかりません。

風流会系の話しかも知れませんよ。病院以外、今は出歩けませんし」

「あっ、うん」

南さんは母屋を守るんだった。

いつか、話してくれるかもだよね。

お母さんも、お父さんに聞かないし・・・。

妊娠すると眠いから、私も祐士の隣でお昼寝。

< 56/ 185 >