ケータイ小説 野いちご




『もしもし』


「ーーー、今日のこと覚えているか?」


『もちろんだ。それがどうした?』


「今すぐこっちに来てくれ。資料が溜まってるし仕事がきている」


『分かった。すぐに行く』


「あぁ」



プツッ_____


電話は切れた


耳から携帯電話を離し、時間を確認すると、今の時間は午後1時15分


ちょうど、お昼頃だからあっちについて食べればいいか


早く仕事を終わらせればいいことだ

"あの人"の仕事内容はどんどん増えていく一方だから、仕事が早く終わるのだろうか

少し、心配になってきたな




下を向いていた顔を上げると、光華の奴等と視線がぶつかり合う




「急な用事ができたの?」

コテンッと首を傾げて聞く愛川


『あぁ。悪いけどここまでだ。じゃ、あたしは急ぐから』



そう言って、あたしは光華の溜まり場である空き教室から出た




< 20/ 332 >