ケータイ小説 野いちご

泣き跡に一輪の花Ⅰ~Love or Friends~。(加筆修正中)





 バカあづ!!



 ……いや、馬鹿は俺だ。





 何で俺は寝たりしたんだよ!!




 気ぃぬけすぎだろ!!


「あーもう!くそっ!!」


 自分の落ち度にムシャクシャして、俺は思わず、台所にあったゴミ箱を思いっきり蹴り飛ばした。



 ピンポーン。




 直後、俺がそれどころではないのにも関わらず、
家のインターホンが鳴った。






 ゴミ箱から出たもののせいで散らかった台所を片付けもせずに、俺は玄関に行き、家のドアを開けた。










< 30/ 211 >