ケータイ小説 野いちご

真実の愛に気づいたとき。

「そうだろ?」


「あ、いやっ…」


顔を近づけてくる彼に高鳴る私の胸。


そして、出逢ったばかりの人に心を見透かされている恐怖。


様々な感情が行き交ってぐちゃぐちゃになっていく。



「あの、あなたは一体…」


謎に包まれた彼の正体を知りたいと、やっとの思いで口から出てきた言葉。


彼は覗き込んだまま私の目を一瞬捉え、そしてゆっくりと背筋を伸ばして元の姿勢に戻した。



「…別に。ただのキャバクラのボーイだけど」


いつの間にか止んだ雨、空はまだどんよりしている。


彼はポケットからタバコとライターを取り出し、電柱に寄り掛かった。


口にタバコを咥え、吐き出す煙が空気と混ざっていく様子を私はじっと見つめる。


「キャバクラ…?あの、何歳ですか?名前は?



私の連続する質問が気に障ったのか、彼は眉間に皺を寄せ、タバコを指に移してまた舌打ちをした。


「…個人情報」


「あ、ごめんなさい」



私が嫌ならその場からいなくなればいいのに、どうして私の目の前で一服しているのだろう。


「つーか、人のこと聞く前にまず自分から名乗れよ」


真っ直ぐ私を見る彼の瞳に吸い込まれていきそうな不思議な感覚。


「あ、ごめんなさい。あの、私は西田ひかり、ハタチです。大学生です」


「ふーん」


彼は電柱から体を離し、そそくさと去って行ってしまった。


『は!?』と彼の行動に拍子抜けしたが、すぐに小走りで後を追う。



「あの!私名乗りましたけど!」


「別にお前が名乗ったら俺もそうするなんて言ってない」


「はい??」


歩く足を止めることなく、逆にそのスピードを更に上げていく。


小走りだと距離が開いていく一方で、遂に全力を出して走る形となった。

< 5/ 35 >