ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

晴れ渡る空の下で、君のために風となる。

「一応試合前だからな。いつもは夜に詰め込んでたけど、ちゃんと朝から練習しとこうと思って」


ついでにお前待ってた、と言葉を続けた康介。

夜に一緒に走り込みに行ったりすることは今までにもあったけど、朝一緒に体を動かすのは初めてかも……。

それだけ、康介が真剣だって証拠。


「大丈夫なの? どうせ昨日も、私と別れてから夜遅くまでボール蹴ってたんでしょ?」

「大丈夫だって。授業中寝れるし」

「自信満々に言うな」


あぁでも、やっぱりいいな。

目標があるって。それに向かって努力できる幼なじみって。

へこたれていられない。私も頑張らなきゃ、って思わせてくれる。モチベーションを高めてくれる。

そういう存在がいるって、素敵なことだよね。


「ほら、グズグスしてねぇでさっさと行くぞ」

「ちょっと、何よ! その上から目線!」


ギャーギャー騒いで歩く私達ふたり。

昔は肩を並べていたはずなのに、いつの間にか目線はかなり上になってしまった。

それでも私達は、昔から何も変わってない。これからも変わらない。

< 12/ 386 >