ケータイ小説 野いちご

永遠の愛、永遠の恋











































一樹がどこかで微笑みながら言っているような気がした……



そしてあたしは眠りについた……



< 34/ 160 >