ケータイ小説 野いちご

私は君と最初で最後の恋をする【完】

そう言って私は冬吾に抱きついた

冬吾「ずっと愛してる」

冬吾は耳元でこう呟いた

星奈「私も愛してる」

そう言って私達は人目を気にしないでキスをした

< 66/ 88 >