ケータイ小説 野いちご

【完】もっとちょうだい。

胸下ほどまである長い茶髪はくるくるにまかれて、
最近切りすぎたって言ってた前髪は珍しく揃ってる。

いつもより童顔。結構好き。


大きなネコ目は俺を見つめるし、ピンクの唇はいつも口角を上げてくれる。


貧乳のくせに、なんか色気。


……ほんと、無理。


芙祐と付き合ってるってことが、未だに信じられなくなる時があるくらい。


好きすぎて、無理。





「ヤヨ、知ってた?今年のクリスマスって模試なんだって」


「知ってる」


「知ってたかぁ」


「うん」


俺が相槌をうつと、芙祐は話すのをやめた。


……なんの沈黙?



「そんな落ち込まなくても、クリスマスのたかが数時間が拘束されるだけじゃん」


ってフォロー入れたのに、
イベント好きな芙祐にはもちろん届かない。



あからさまに凹んでる。
ぶうたれてる。
しょげんな。



「ーーーっと、じゃあ。イブと…クリスマスの残り、一緒にいる?」




って、提案してみたら、




「イブも?いいの?」



目、キラッキラ。
俺を見上げて、パァっと表情が明るくなる。


やめて、その目。可愛すぎ。


玄関についたんだから靴を取れ。こっち見んな。




「ヤヨとクリスマス楽しみ……嬉しい」



長い睫毛を伏せて、目を細めて笑う。


ーーー。……無理。



「ヤヨも楽しみ?クリスマス」



「まぁ」



まじで、それ以上見つめないでほしい。



目をそらして、下駄箱から靴を取り出した。



「ヤヨのばか」



なんでだよ。






< 17/ 268 >