ケータイ小説 野いちご

【完】もっとちょうだい。

「慶太くん。久しぶり」


ふわっとしたあたし好みの茶髪に、
長身細身、二重の目。
甘くてゆるーい雰囲気。



慶太くん、あたしの元カレ。
去年から今年の春まで、本気で好きだった人。



「弥生くんと喧嘩でもした?」


「んーん、ちがうよ」


「なんだ。ならよかった」


「でも乙女心は複雑なんだよ」


「芙祐ちゃんは結構わかりやすい方だと思うけどね」


うん。慶太くんはあたしのこと


なんでもオミトオシだったもんね。



「何があったか知らないけど、元気だしてね」


にこ、って笑って手を振って去っていく。



やっぱり慶太くんはやさし……


「ねぇ芙祐、慶太くん素敵とか思ってないよね?」


「藍ちゃん、そんなわけないでしょ。あたしはヤヨだけだよ」



「はぁ……」



溜息つかないでね。
藍ちゃん、本当だよ。


確かにあたしは、慶太くんと付き合いながら、ヤヨのことも気になって気になって仕方なかった前科者だからね。言い訳しにくいけど。



だけど、今のあたしは、ヤヨさえいればそれでいい。






< 15/ 268 >