ケータイ小説 野いちご

お前がすきなんだって。







そんな昔の約束……翔湊は覚えてないよね…………。









そう思った瞬間、ぼろぼろと零れていた涙は、勢いを増し、止まることを知らなかった。










< 43/ 66 >