ケータイ小説 野いちご

花京院社長と私のナイショな関係

雪乃さんは、もしかして何かに気づいたのかもしれない。


私と社長の関係を人に知られるのは色んな意味でよくない。
社長と私は恋人ではないし、雇用主とセックス込の従業員でしかない。特殊任務を担当しているとはいえ、そんな事情こそ人には言えないし。
正社員に雇用された経緯を考えても、私は社長に対して慎重にしないといけなかったんだ。社長のコネで社員になったんだから。


私は可能なかぎり、社長を避けることにした。

私にとっても社長にとっても親密すぎる関係はお互いに良くない。
傍にいれば、優しくされれば、私の気持ちも引き返せなくなってしまう。
今度こそ流されないように、丸め込まれないようにしなきゃ。


「どうした?最近変だぞ」



再度の決意を持って避けることにした3日目。


終業前の小さい浄化の後、キスされそうになったのを避けた。
あからさまな態度に、照れているわけじゃないと気づいたらしい。


「なんでもありません。失礼します」

「待って。俺も今日は早く終わるから一緒に帰ろう」

「いえ、先に失礼します」

「まどか」


さっさと退室しようとしたら、腕を掴まれた。


「…放してください」

「どうした。今日は都合が悪い?」

「社長には関係ないです。もう、部屋には行きません。会社でこういうことも止めてください」

「いったいどうしたんだ、急に」

急に?
カチンときた。

そうだよ、急にこんな関係になった。
急に、変なものが視えるようになって、急に社長の負の気を浄化することになった。

いきなり始まった、私たちの関係は人には言えない秘密の関係。

そこにはどんな感情があるの?

それとも何もない?



「社長はどうして不必要な『補給』をするんですか?私は都合がいい女ですか?」



ダメだ。
言っちゃダメだ。
頭の隅でストップがかかるのに止められない。

そんなことを言ったら、聞いたら、傷つくだけ。



「社長は、私のことどう思ってるんですか?」






つい先週まで、へらへら笑って部屋についていってたくせに。

急に態度を変えた女が今度はヒステリーを起こすもんだから、社長は呆気にとられていた。
存在を忘れがちなおっさんもびっくりした顔をしている。



「あー。篤人。お前、まどかに勘違いさせてんで」


こほん、と咳払いをして、おっさんが「女は言葉で言わんとわからん生き物なんや。ちゃんと気持ちを言っとけ」とアドバイスをした。

気持ち。その言葉にどきっとする。
この言い方ってもしかして、と期待してしまう。

社長ははっとしたような顔になって、何かを言おうとしたけど口を噤んだ。

視線を落として、考えを纏めるように言葉を選んでいる顔。



「俺の態度が傷つけてたんだな。…ごめん」


ため息をついて、選んだ言葉を慎重に口にしている様子がすべてを物語っていた。



「期待させたのなら悪かった。…俺は、恋愛したくない」



いや、恋愛できないんだ、と社長は自嘲的に笑った。

好きになった女はいるけど、みんな変わっていった。子どもの頃から今まで、まともな恋愛ができた試しがない。
みんな、俺の気に引きずられて醜く変わっていく。
これ以上、誰かをおかしくしてしまうようなことはしたくない。

「他人も自分も、もう傷つきたくないんだ」


社長は丁寧に、正直に気持ちを話してくれた。



「まどかのことは特別だと思ってる。でも恋愛はできないから、恋人にはできない」


< 31/ 48 >