ケータイ小説 野いちご

晴れ渡る空の下で、君のために風となる。

引き寄せられるように、そっとそれを開く。




【登坂 千鶴さんへ。


初めまして。突然手紙なんて書いてごめんね。

俺、リョータって言います。

よかったら友達になってくれないかな】




字を最後まで目で辿って……思わず固まった。

友達に……って、ますます何コレ。


もし仮に……仮にだよ? 手紙を寄越した理由が告白とかだったら、まだわかる。まだ、ね。

友達なら、直接来ればよくない?


「……謎だ」


そもそも、この“リョータ”という人物に心当たりがない。

友達に“リョータ”がいないわけじゃないけど、中学の同級生だし、高校2年生になった今、交流なんてほとんどない。


ま……どうせイタズラだよね。

便箋を再び二つに折り、封筒に入れ直してクラブバッグの中にしまう。

自主練のために朝早く起きているため、この時間はどうしても睡魔が襲ってくる。

うつらうつらとして、私は机に突っ伏した。




私──登坂千鶴は、ここ、成城学園高等学校の陸上部に所属している。

強豪校ということもあり、部員はかなり多い。

< 2/ 386 >