ケータイ小説 野いちご

溺愛王子と恋してみない?


「昨日、俺の部屋で寝るから起こすの悪いかと思って俺の部屋に寝かした」

「そそ、それは...」

返す言葉もありません...。

「やめてくれよな、ほんと。俺疲れるからさ」

「重くてごめんなさい」

重くて疲れたんだよね。

体重軽かったらよかったのに。

「それが疲れるんじゃないから」

じゃあ何に疲れたのかな?

ま、とりあえず。

「そうなの?でも、なんかごめんね!」

「別にいいけど。それより、朝ごはん食べたいんだけど」

時計を見れば。

10時30分。

「ええっ!もうこんな時間!?」

「怜音、寝すぎ」

「すいません」

いそいでカレーうどんを作ったのは言うまでもなく笑


< 61/ 75 >