ケータイ小説 野いちご

好きなんだけど!

「え…?」

「いっちょまえに駆け引きしてんじゃねーよ」



お互い目も開いたままの、なんのムードもないキスだった。

健吾くんは真顔のまま言い捨てると、ごろんと寝返りを打って向こうを向いてしまう。



「え、健吾くん」

「バーカ、郁のバカ、もういい、帰れ」

「ちょっと待ってよ、どうしたの」

「俺だって」



腹立たしそうな声が言う。



「ほっとかれてさみしいのなんか、俺だって同じだ」



タオルケットを丸めて抱えて。

顔を埋めるようにして、ふてくされた声で。

言わせるなよ、って背中で文句を垂れている。


ああ、私。

自信を持たなきゃ、ほんとに。


誕生日だから、なんて義務感じゃなくて。

会いたいから来てくれたんだよね。

一緒にいたいから、来いって言ってくれたんだよね。



「健吾くん…」



肩を揺すっても、返事はない。

絶対起きているはずなのに。

かっこいいのに、かわいくて愛しくて、きっと眠気のせいで熱い背中にぎゅっとくっついた。



「夏休み、私といっぱい遊んでね」



返事の代わりに、脇腹に置いた私の手を、ぽんぽんと叩いてくれた。





「さあ、LSVだね!」

「…ラスト…?」

「サマーバケーション」

「浮かれてんな」

「健吾くんもちょこちょこ休み取ってくれるって言うんだもん」

「俺ら、受験生だぞー」

< 104/ 213 >