ケータイ小説 野いちご

好きなんだけど!

本格的に泣きはじめた私を、よしよしと頭をなでてあやして、柔らかいキスをくれる。

涙が移ったのか、ちらっと自分の唇を舐めてから、またくっつけてきてくれたのが、なんだかすごく印象に残った。



「私のこと、追っかけようとしてくれてた?」

「そうだよ、一服して落ち着いてからな」

「なんでそこで一服」



笑うと、シートベルトをまた締めながら、「あのなあ」と怒ったような声を出して私をにらむ。



「偉そうなこと言ったけど、ただ単に、彼女に昔の女の話なんかしたくねえって心理がほとんどだよ、このくらいわかれよ」



思わずぽかんとしてしまった。

あ…そういうこと?

単に、そういうこと?



「あの、えーと…好奇心で訊いてごめんね?」

「まったくだ、ガキ!」



そんな言い方することないじゃん!

吐き捨てると健吾くんは、気持ちの余裕がなさすぎて鼻から突っ込んで停めた車を、いささか荒っぽくバックで出した。


横顔が、怒っている。

ように見えるけれど、きっとそうじゃなくて、照れている。

じいっと見る私に気づき、一瞬こちらを見てから、いかにも腹立たしそうに言った。



「いったい俺、ひとりで何役やればいいわけ?」



うん、ごめんね。

彼氏させたり保護者させたり、ほんとごめんね。



「今だけの辛抱だよ」

「ほんとだよ、早く大人になれ」

「うん」



でも私、初めて、もう少し子供でいたいなって思ってる。

この優しくて口の悪いお兄さんに、彼女扱いしてもらったりガキ扱いしてもらったりするのを、楽しみたいなって思ってるよ。


少しだけ煙草の匂いのする、健吾くんの車。

運転している姿を見るのが、実は大好きなので、じろじろと遠慮なく眺めていたら、いい加減気になったらしく、「見るな」と片手で視界をふさがれた。


その手のひらは、熱かった。



< 40/ 213 >