ケータイ小説 野いちご

不機嫌なキスしか知らない

◆◇



誰もいない放課後の教室。

オレンジ色の夕焼けがふたりを照らす。


きみは片手でネクタイを緩めて、ゆっくり私に近付いて。私の頬に手を添えて、長いまつげの瞳を伏せる。


私の唇に触れたきみのそれは温かくて、優しくて、だから余計切なくて。

そしていつだって、少し不機嫌だ。


きみの本心を、何も知らない。
私が知ってるのはきみの、不機嫌なキスだけ。




< 1/ 275 >