ケータイ小説 野いちご

こんな嘘みたいな恋愛あるわけない!



お昼休み。


俺たちは、追いかけてくる女子たちをなんとか振り切って、屋上(立入禁止だけど、俺らだけ特別)でご飯を食べていた。



「ねえ、夏」

「なんだよ?」


「伊紅のこと、考えてるでしょ」

「……」


夏は黙ったままだけど、無言で、肯定している。


< 62/ 394 >