ケータイ小説 野いちご

宮田君の告白








「抱きしめるのは反則だよ」






「必死だったし、可愛かったから」








「......恥ずかしいよ」









ふと、こんな会話を私たちはこれから先、何回も繰り返していくのかなって思った。












きっと、宮田君を好きになるのは時間の問題。









< 58/ 59 >