ケータイ小説 野いちご

闇の中に咲くランの花 Ⅱ

疾風「フフッ じゃあ君は僕のものだ…」


私は物じゃないのに……


疾風「じゃあ……

蘭ちゃんもすぐにお別れは嫌だと思うから

………1週間だけアイツらと楽しみなよ

ただし…1週間だけだよ?

守らなかったら潰すから…

1週間後にまたここね?

詳しい事はメールするからさ!」


蘭「……………わかった……」


疾風「じゃあ楽しんでね!

残りの1週間…」


そう言って乱条は店を出た

< 398/ 460 >