ケータイ小説 野いちご

莉子の恋はジェットコースター!?

『拓海。今日はごめんなさい。
嫉妬をさせてしまったのね。
拓海の気持ちは、私も分かるの。
逆の立場だったら、私もヤキモチを焼いていたわ。
許せないかもしれないけど、ごめんね。
これからは、拓海が嫌がる行動はしないわ。』私は、早速部屋に入って、拓海にLINEをした。

「もう、眠いな。」それに、さっき泣いたし。
なんか疲れた。
寝よう。
私は、そのまま睡魔に襲われ眠りについた。


< 25/ 89 >