ケータイ小説 野いちご

莉子の恋はジェットコースター!?


「それは、嫉妬って言うんですよ。」嫉妬?
「怒ってるのは確かですけど、嫉妬ですから安心してください。莉子様が気を付ければいい話なので。」嫉妬か。考えてなかった。
「それと、莉子様は軽率な行動は取らないようにすればいいんですよ。」そうか。私、拓海に嫉妬させてたんだ。
「分かったわ。他の男子と話さないようにすればいいのね。」よーく分かるわ。私も。拓海が他の女子に騒がれるのは、いい気はしないわ。
「それから、今日LINEで謝っておいた方がいいですよ?後、今後の行動の事も。」そうね。
「分かったわ。ありがとう、蒼。」
そんな話をしてると、家にもう着いた。

< 24/ 89 >