ケータイ小説 野いちご

龍蝶~闇に隠された愛~【下・完】


「一翔君とはどうなったの?」


朋香には言っていなかった。


「あぁ…別れたよ。」


「えっ…?別れた!?」


朋香は驚いて後ずさった。


「…うん。」


「あんたは、それでいいの?」


朋香はそう言った。


「え…?」


「だから、それでいいの?」


「…い、いいんだよ。一翔が決めたことだし…。あ、リンゴ飴おいしそ~!」


私はそう言って逃げた。


「ちょっと梨華!」



< 52/ 91 >