ケータイ小説 野いちご

海へ...

「いけません」

「えっ?」

「いけません、もう、そのカオルという人に会ってはいけません」

「ど、どうしたの? お母さん……」


こんな厳しい態度のお母さんは、今まで見たこともなかった。


「ダメだといったらダメなのです!」

「バカ! お母さんのバカ!」


あたしは家を飛び出した。

行くアテもなく、頼るアテもなく。

反射的に、体が家を飛び出していた。


ずっと走っていた。

家の灯が、向こうの方で小さくなるまで。

お母さんは追いかけてこなかった。

お父さんが、止めてくれたのかな?

お父さんのことは好きになれないけど、こういうときは、お母さんを止めてくれる人だって、信じてる。

< 28/ 59 >