ケータイ小説 野いちご

海へ...

「危ないから、送って行ってやるよ」


カオルがそう言ってくれた。

嬉しかった。

カオルと、少しでも長くいられることが……。

あたしは、ちょっとでもカオルと一緒にいたくて、わざとゆっくり歩いた。


あたしとカオルは、とりとめもない仏教説話などを話しながら歩いていたけど、突然、カオルがあたしに耳打ちした。


「振り返らないでそのまま聞いて。オレたち、尾けられてる……」

「えっ……」


そういわれると、確かに、黒塗りのワゴンが、あたしたちの背後をずっと付け回していた。


「さっきのお相撲さんの仲間?」

「分からない。でも、キミは何があってもオレが守る」


カオル、カッコイイ…………。


そして、暗がりに差し掛かったとき、ワゴンは突然あたしたちを追い抜いた。

ワゴンは通せんぼするように停車して、中から、サングラスにマスクをつけた怪しいオトコたちが、5~6人ほどわらわらと飛び出してきた。


「リョーコ、危ない、下がってろ!」

< 21/ 59 >