ケータイ小説 野いちご

櫻の園


キャアキャアと黄色い声援に囲まれた葵が脳裏に浮かぶ。

グラウンドで一人、葵は何を思って跳んでいたのだろう。

「あたしね、」

何も言えないで隣を歩くあたしに、葵はそう続けて、小さく息を呑んだ。


「将来、女優になりたいんだ」


並んだローファーが、光を受けて輝く。

揺れるスカートの裾。

心臓は高鳴り、脈打つそれは生きていることを主張していた。


「あたしが女優とか…そんなこと言うとみんな笑うだろうけど…でももし、"桜の園"ちゃんとやれたら──」


─どこに行っても、夢に向かって頑張れる気がしたんだ。


葵の真っ直ぐな瞳と、はっきりとしたその言葉はあたしの奥底を深く揺るがせた。

葵はきっと知らないのだ。葵が騒がれるのはスポーツができるだとか、背が高くて男っぽいとか、そういうことだけじゃないことを。


葵には、人を惹きつける何かがあるんだということを。


「…いいと思う」

口から出た言葉は、自分でも思うほどしっかりとした言葉だった。


「葵なら、できると思う」


本当にそう思ったし、心からそうなってほしいと思ったのだ。

あたしの言葉に俯いて、照れたように笑う葵は今までで見た中で一番可愛かった。


「…じゃああたし、舞台に興味ありそうな子に声かけてみとくね!」

「うん!葵に頼まれて断る子いないって」


嬉しかった。葵が、あたしにだけ少し自分を見せてくれたことが。

柄にもなく舞い上がってしまっていたからだろうか。


笑いながら桜の下を歩くあたしたちの後ろ…赤星さんが真っ直ぐにこちらを見ていたことに、あたしは全く気づかなかった。




.

< 56/ 193 >