ケータイ小説 野いちご

クールな先輩への溺愛宣言!!

「久しぶりにやったけど、腕は落ちないもんだな」

高梨先輩はそう言いながら、僕を見てニッと笑った。
その笑みに少しムッとする。

「・・・さすがですね」

「ハハッ、顔に出てるぞ?練習もしない奴が簡単に的に当てちゃうなんて、お前からしたら面白くないだろ?」


高梨先輩の言葉ひとつひとつが僕を煽っているように聞こえて、拳を強く握り何とか堪える。


怒らせようとしているのか、それは分からない。

でも高梨先輩の言葉に乗っちゃいけない。

ここは冷静にならないと・・・。


「・・・別に。僕はまだ初めてそんなに長くはないですから」

「ふうん。まあ、頑張れよ」


そう言って、先輩はまた矢を放った。

その矢は重低音を響かせて、真ん中へと刺さった。


「・・・ああ、そうだ。ちょうど千尋もいないし、ここらで話しとくか」


構えていた弓を足元に投げるように置くと、僕を見下したように見る。

そして、こう言った。


「お前さあ、千尋のこと好きなの?」





その言葉に、ドキッとして顔が赤くなった。

僕が千尋先輩を好きなのを知っているのは真司だけなはずなのに、まさか高梨先輩にバレていたなんて。


「・・・やっぱりそうか」

「・・・別に想うくらいいいでしょう」


本当は隠そうと思った。

けど、千尋先輩への今までの態度がどうしても許せなくて、開き直った。


僕の気持ちを知って、高梨先輩はどう出る?

自分の彼女に想いを寄せる他の男がいると分かって、焦るのか?

今までの行動を改めて、千尋先輩を大事にするのか?


行動によっては諦めたっていいと、そう思って僕は正直に高梨先輩に告げた。


・・・だが、高梨先輩から出た言葉は、耳を疑うものだった。



「まあ、アイツいい女だしな。想うくらいは許してやるよ。・・・でも多分俺からは離れないと思うよ?」


< 24/ 57 >