ケータイ小説 野いちご

クールな先輩への溺愛宣言!!

的に集中し、矢を放つ。

けれど、どうも頭の中で昨日の事がよぎって上手く当てることが出来ない。

「・・・くそっ」

何本か放った所で、そう声を漏らした。


千尋先輩に褒められるくらい、上手くなりたいのに。

ちょっとした邪念でこんなに乱れるのは、まだまだ僕は未熟だって事だ。


「あー・・・もう、うまくいかない」


思わず手に持っていた弓を投げそうになってしまった。

上に振りかざした所でハッと我に返る。


上手く出来ないからって、物に当たるなんて最低じゃないか。

しかも大事な弓道の道具に・・・。


軽率な行動に、自分自身呆れてしまう。


何か一つでもいいから、高梨先輩よりも勝るものが欲しい。

なのに、こんな子供染みた行動をしているようじゃ・・・。




そんな時、後ろから声がする。

その声は今一番聞きたくない声。会いたくない僕の恋敵。

「なんだお前、やたらと早いな」

「高梨先輩・・・!」


いつも大会近くじゃないと姿を現さない高梨先輩がそこにはいた。

僕のように弓道衣を着ているわけでもなく、制服のジャケットを脱いだだけの姿で弓を持って立っている。

そんな格好でやるのか、と少しムッとした。


「あれ?千尋は来てないのか?」

辺りをキョロキョロと見回しながら、高梨先輩はそう僕に聞く。

「・・・今日は委員会に出るから遅くなるそうです」

「ふーん・・・。ったくマジメなのは相変わらずだな」


ククッと笑いながらそう言うと、先輩は弓を構えて矢を放つ。

矢は吸い込まれるように真っ直ぐ、的の中心に刺さった。

的に集中するわけでもなく、何気なく放った矢を中心に一発で当てるなんて・・・。

僕は中心に刺さった矢を見つめて、ごくりと息を飲んだ。

< 23/ 57 >