ケータイ小説 野いちご

今日と明日。~君といられた奇跡~


それから、どれくらいの時間がたったのだろう。

目を冷ますと、白い天井が見えた。

誰か、助けてくれたの?

「目を冷ましました、先生。305号室、堂本さんです。」

「起きたのか。」

ナースさんが、ナースコールを押すとすぐに先生がきた。

「堂本空さんですね、ここにどうしてきたのか分かりますか?」

横に首をふる。

「いいえ。何故ですか?」

「倒れたんですよ、道中で。」

「倒れたんですか?」

「はい。自動販売機の前で。あんなとこだと、人もあまり通りませんし。発見が遅かったら手遅れかもしれませんでした。」

「…救急車で、ですか?」

「はい、そうですよ。勿論です。貴女が応答しないものだから、通行人の方が焦ってしまったらしく。」

「…そうですか。ありがとうございます。それで…」

「貴女が何故、運ばれたか…何故、倒れたのか…ですね。」

< 3/ 7 >