ケータイ小説 野いちご

王道恋愛はじめませんか?




『あ、いや…あのさ』


なんだかいつもより言葉の歯切れが悪い彼。

こんなに言いにくそうな彼は初めてだから、私は無意識に口を閉じてしまう。


『…ちょっと、みのりに頼み事があるんだけど。』

「え…頼み事?」


『うん』と答えた嘉人くんの声は、なんだかいつもより弱弱しい。

そんなに困ってることなのかな。

たとえどんなことであっても、好きな人のためなら何だって力になりたい。

――そう思うのは、恋する人間なら誰しも一緒だと思う。


「私にできることなら、何だってするよ。」

『ありがとう。そう言ってくれると助かる。でも――…』

「?」


今度は、彼が黙ってしまった。

そうこうしているうちに、スタッフさんからの召集の声が電話の奥から聞こえてしまった。


「…嘉人くん?呼ばれてるんじゃ――」

『あのさ』

「ん、…うん?」


電話越しの、彼の何か意を決したかのような真剣な声に、無意識に背筋が反応する。


『…みのりって、子ども好き?』



< 173/ 190 >