ケータイ小説 野いちご

名のない足跡


「…あっそ。あんたは大きい出口じゃなくて、小さい出口から目指すってわけか」


ウィンがまたため息をつくから、あたしは一瞬怯んでしまった。


「なっ、何よ。悪い?」


「別に。俺はついてくだけだって。それに、その進み方は嫌いじゃない」


ホッとしたあたしの肩を、ライトが優しくポンとたたく。


「それなら、早く行動に移した方がいいですね。時間は待ってくれませんから」


「そうねっ!早速メノウ交易官に会いに行きましょっ!!」


あたしはライトの腕を引っ張って執務室から出る。


後ろからウィンの「おいっ」て声が聞こえた。


「早くしないと置いてっちゃうよーっ」


「待てこらッ!!」


あたしたち三人は、どたばたと廊下を走った。


笑い声が廊下で木霊して、風に乗って窓の外へ流れていった。





でもね、

このときいくらあたしが頑張っていても。



運命の歯車を止めることは


出来なかったと思うの―――…







< 76/ 325 >