ケータイ小説 野いちご

初めての相手は無愛想上司



なんだか疲れた、
シャワーを浴びて寝たい
けど毎日の習慣って怖い

無意識にパソコンの電源を入れた
少しだけ、と思いながら
早々とシャワーを済ませた




【まだ悩んでいるのか?】


シャワーを済ませ、パソコンを見ると
アウディからチャットが届いていた



【悩みが増えた】


【マシュマロは考えすぎなんだよ】


確かにそうなのかもしれない
けど、納得行かないのに
付き合うなんて絶対無理だ



【意外と頑固だな】


そう、頑固だ
この性格に難ありなんだ



【私なんかを好きだなんて、変人だ】


笑ってくれるかと思ったけど
アウディの返答は違った



【好きだと言ってくれた人に失礼だぞ、自分が知らないマシュマロの良さ、彼は見つけてくれた人なんだろ?彼の言葉を信じてみたら?】



信じる…、
その言葉にドクン、と
心臓が大きく跳ねた

< 49/ 222 >