ケータイ小説 野いちご

義理の兄弟が14人できました。







大好きな人ほど、私のそばから離れていく────。

















「さゆり…」



突然声がして息を潜める。



お父さんの声だ。



「さゆり。そこでちゃんと聞いてて」


「……」


「お父さんはね……さゆりのことが大好きだよ…」



え…突然どうしたんだろう。



「だけどね…時々思う…さゆりはお父さんのこと好きなのかなって…」



そ、そんなのっ……。



「あのね、さゆり。お父さんは……。さゆりに人を好きになることを止めないで欲しいんだ…
人を好きになると…辛いことも苦しいこともたくさんあると思う
だけど、楽しいこと幸せもきっとあるんだ」



………そんなの知ってる。



私が一番分かってる。



だからこそ。人と関わらないことを選んだ。傷付かないために。



誰かを好きになると、誰かが必ず傷付くこともちゃんと知っている。



「お父さんは乗り越えられたよ。」



何を?



「ちゃんと人を好きになれたよ…」


「………」


「今度はさゆりの番だ。」



ドアの向こうで、父が微笑んだ気がした。




< 4/ 46 >