ケータイ小説 野いちご

君のいない世界なんて


「お前が生きててよかった」

微かに表情筋が動いた。結城は笑ったようだった。

「どうして…」

どうしてお前は、そうやって笑うんだよ。
私のせいで怪我したんだから罵倒すればいいのに。

「俺は…お前と一緒にいたいんだ」

結城は言った。

「お前がいない世界は何も変わらないかもしれない。
だけどきっと、俺はお前がいなくなった世界にはいられない。耐えられない。
お前が想像してる以上に、お前がいない世界の俺は寂しがってると思うぞ」

今度は確かに笑顔を見せてくれた。


……バカじゃねぇの。



< 37/ 47 >