ケータイ小説 野いちご

フレキシブル・ソウル

やがておじさんは、時間だ、とつぶやいて出ていった。

懐中電灯をひとつ置いてってくれたので、暗くて困ることもない。

でも私たちはなんとなく、バッグの中に電灯を入れて、光が外まで漏れないようにした。


すぐ戻る、という言葉を、根拠もなく信じて。

することもなく、がらくたの山の中に、座ってるだけ。


林太郎の、物思いに沈んでるような横顔を眺めた。

立てた片ひざに頬杖をついて、おじさんの消えた扉を、じっと見ている。


視線に気づいたのか、ふとこっちを向くと。

にこりと頼もしく微笑んだ。



「変な時間やな」



その表現が、あまりに的確すぎて、言うことがない。

変な時間だね。


今頃、どこかで、誰かが。

あのおじさんに、命を奪われてる、かもしれない。



「とめんかったの、後悔せんと、あかんのやろな」

「どうだろうね」

「僕、する気がせん」



うん、私も。

どこかの、顔も知らない誰かの命より、少しの時間を過ごしたおじさんの願いのほうが、大事なんて。

間違ってるんだろうけど。



「これは、あれだ」

「ストックホルム症候群?」

「それ」



かもやなぁ、と林太郎が穏やかに笑う。

意味もなく頭の中で歌を歌ってみたりして、やけにゆっくり流れる時間を数えた。



「あっちゃんが、ひとりの時やなくて、よかった」



やがて林太郎が、ぽつんとそうつぶやいた時。

生きててほしくないと、おじさんが願った人にも、担当の、人見なんとかさんが、いるんだろうか。

なんて、考えた。




< 58/ 154 >