ケータイ小説 野いちご

フレキシブル・ソウル

話しているうちに、嫌な想像がとまらなくなって、恐怖のあまり、喉がひきつった。

お母さんが、ひとりで怖い思いや、痛い思いをしてたらどうしよう。

私を呼んでるかもしれない。

誰かに邪険にされて、傷ついてるかもしれない。

不安で、泣くこともできずにいるかもしれない。


もしかしたら、もう。

もう。



「嫌だ、お母さん、どうしよう、お母さん」

「あっちゃん!」



鋭く呼ばれて、反射的に黙った。



「大丈夫や、落ち着こ」



な、と林太郎が肩に置いてくれる、その両手の温かさに、我に返る。

顔が涙でぐしゃぐしゃで、全身が震えていることにも、今ごろ気がついた。

ヒノキの香りが漂う、贅沢な玄関のたたきで、林太郎が少し身をかがめて、私の目をのぞきこむ。



「おばさんが、家にいないんやな」

「うん…」

「今朝は、いたんやね?」

「うん」



うなずくたび、涙がぱらぱらと落ちた。

ゆっくりと、丁寧に言って聞かせるような声。



「大丈夫や、僕がいるで、一緒に探そっさ」



林太郎の着てる白いTシャツは、私がやみくもにつかんで引っぱったせいで、すっかりくしゃくしゃで。

布地を握りしめたまま、固く緊張してる私の手を、ほぐすように林太郎は、優しく叩いて、握ってくれる。



「おばさんは絶対、大丈夫や、きっと帰る道がわからんくなってるだけや、見つけてあげよ」



な、と見せてくれる微笑みは、頼もしくて。


大丈夫、とかあんたに言われたって。

林太郎が保証したって、しょうがないじゃん。

林太郎がいたって、事態は変わらないじゃん。


そんな可愛くないことも、思うのに。

優しくて、穏やかな声と。

どうも緊張感に欠けてるように聞こえて、普段は私をいらいらさせることもある、不思議なイントネーションと。

まっすぐな目と、あったかい手が。

涙もとまるほど、安心させてくれた。




< 34/ 154 >