ケータイ小説 野いちご

君は僕ので僕は君のもの


「ようやく話してくれた。今日話すのは初めてだよね〜。」
昼まで百合と話してないとかホントありえない。


私は、そんな声をも無視をして体を起こし、本を読み始める。


彼は、いつからか私のそばに来て構ってくるようになった。

別に告白なんてしてもなければ、されてもない。ただの顔見知り、そんな関係。
それなのにある日、突然膝枕をさせられたり、抱きしめてきたりと毎日何かをしてくる。

何故私なのかは知らない。聞きたくもない。でも………この関係は心地よかった。
今日も、私に話しかけるのを諦めたようで、いつも通り私の膝の上に寝転んだ。


何分経っただろう?しばらく無言だったのに、いきなり彼は口を開いた。


< 2/ 3 >