ケータイ小説 野いちご

生きたい。




それにしても……………ひま。

今まで由茉がいたから

由茉が動けない今、私は何をしよう…。


……………空をみたい。

太陽を見たいなぁ。


歩けないけどさ。


そーだ。

私は棚から便箋を取り出した。


あと何日生きられるかわからないからね。




"由茉へ"


私は由茉へ手紙を書くことにした。

ねぇ、由茉。

私、由茉のこと大好きだよ。

……………湊のことも、ね。


だから、絶対一人になんかしないからね。




< 79/ 94 >