ケータイ小説 野いちご

生きたい。




「ねぇ、由茉。

私が先に退院したらどうする?」


「え!やだー。」


「はは、でも一緒に退院できないでしょ。」


「まぁそうだろうけどさ。

私が先に退院するのもやだな。


日本帰っても一人だもん。」


……………そっか。


由茉は私しか友達がいないのか…。


「私は由茉を一人にできないよー!」


「私もだよ、美波ー!」


はは、元気さえあれば

私たちだって普通の女の子だよ。



< 75/ 94 >