ケータイ小説 野いちご

生きたい。




「美波って陸上部でしょ?

いいなー。走ってみたいや。」


「走ったことないの?」


「うん。

ずっと動けなかったから。

外で遊ぶことも少なかったよ。」


「そっかぁ。

走ると気持ちいいよ。」


「やっぱり足速い?」


「当たり前でしょー?

これでもエースですから!」


「はは、さすが美波だね。」


「いつか一緒に走ろうね。」


「うん、約束ね。」



ね、由茉。

いつかちゃんと青空の下を走ってね。


私はもう………無理かもしれないから…。




< 74/ 94 >