ケータイ小説 野いちご

生きたい。




お母さんは受け付けにいった。

そしたらすぐ受付の後ろから別の女性が出てきて


「神林美波さんですね、お待ちしてました。」


日本語!!!


久しぶりに聞いた日本語に感動した。


「日本の方ですか?」


お母さんが質問した。


「えぇ。20年前に渡米しました。

美波さんには私がつきますから安心してください。」


よかったぁぁぁ。


日本語通じる幸せ!!

それだけで嬉しくなったんだ。


自分が死と隣り合わせということも忘れてね。




< 41/ 94 >