ケータイ小説 野いちご

学園王子と秘密の関係

「あーあ。ばれちゃった…」

「大丈夫だって。亜芽がいじめられたりするのは、俺が亜芽をダサくさせてたから。俺が悪いんだ。これからは、俺が亜芽を守る。何があっても、相手が誰でも、絶対守るからな。」

優しさのこもった声でそっと言ってくれた。

優しく抱きしめ、濃厚なキスをしてくれた。

私達は結構な時間抱きしめ合い、互いのぬくもりを感じ合っていた。

< 5/ 6 >