ケータイ小説 野いちご

双姫 Ⅲ



バキッ


ドゴッ!


グシャ!!


『ぐ、グシャって……。』


「お、お父さんが獣に見えるぅ!!」


「類が……類が怖い…………。」


お母さんも唖然としてる。


『あんな事、今迄あった…?』


「ないわ。
類は無駄な争いを避ける方だったし。」


「うひゃー!
類って本気出したらマヂ獣だな!!」


「笑い事ですか、あれでは死人が出ますよ。」


「僕らが行ったら
被害が拡大するかもだけどねぇ〜♪」


「おい、俺らも行くぞ。
朱音!朱羽達を守っとけよ!?」


「そんな事分かってるわよ!
類をよろしくね!!」


神田さん、的場さん、櫻坂さん、赤羽さんが
お父さんを止める為に輪に入って行った。



< 78/ 520 >