ケータイ小説 野いちご

何時に来てくれるだろうか。











今日はどんな面白い話を聞かせてくれるのか。












考えるだけで、つい顔がにやけてしまう。











「……早く、会いたいな……」











無意識につぶやかれた言葉。











口にしてから、自分でもハッとした。









恥ずかしくて、毛布を鼻のあたりまでかける。


















< 200/ 266 >