ケータイ小説 野いちご

双姫 Ⅲ



「じゃあ、蒼月達が車で送迎されるのは…。」


『私達の為…??』


どんなに『徒歩が良い』と言っても
駄目だと許してくれなかった。

学校でセレブ扱いをされるのが嫌だったから
何度もお願いしたけど結局駄目だった。


「お前達は覚えていないだろうが
小さい頃に誘拐されそうになったんだ。」


「だから類と話し合って送迎するって決めたの。

その誘拐しようとした奴はボコボコにして
刑務所にブチ込んでやったわ♡」


は、母は強し…。


「怖がらせると思って言えなかった。
でも、逆に不安にさせちゃったみたいね…。」


私達は知らない所で守られていたんだ。



< 64/ 520 >