ケータイ小説 野いちご

双姫 Ⅲ



「これはどういう事かしら。
娘達が見事な踵落としをするなんて…。」


「さ、さぁな〜?何故かな〜?アハハ……(焦)」


ジリジリと紘叔父さんに近付くお母さん。


「知らばっくれんなよ、クソ『天龍』
お前しか居ねぇだろーが。」


お、お母さんの顔が!般若に見える!!


「ざ、残念でした!!
もう『天龍』じゃないもんな!」


そして、見苦しい言い訳をする紘叔父さん。


『あんな事言ったら…。』


「ヤバいよねぇ〜?」


「…天国に逝きたいようね。
あっちで蒼空に会ったらよろしく言っといて?」


笑ってるのに言ってる事は恐ろしい。


「す、すみませんでしたぁー!!!
もう教えないから!な!?」


『えー?
「回し蹴り教える」って言ったのに。』


「そーだそーだぁ!」


実は紘叔父さんとの稽古は楽しみでもある。
痴漢とか撃退出来るし。



< 62/ 520 >