ケータイ小説 野いちご

生きる。




「今日はここで解散。

好きなときに帰っていいぞ。」


湊はそう言うと私の手を取り歩き出した。

もちろん、後ろにはいつもの3人も。


そのあとは私の希望で絵馬を奉納。

私の強い願いは1つだけ。


"今年も健康で生きたい。

命をありがとう。"


なにをするにも初めてな私は

楽しくて仕方なかった。


「大きな子供みたいだな」なんて

颯には言われたけど、その通りだなと思って

「確かに。」なんて答えてしまった。



私たちはそのあと帰宅した。

湊に家まで送ってもらい、


「起きたら連絡しろよ?迎え来る。」


「今日は湊が?」


「これから来れるときは俺が来る。」


それがすごく嬉しくて笑ってしまった。


「ゆっくり寝ろよ?」


湊はそう言うと私にキスをして帰っていった。



うはー…幸せすぎる…。


私は幸せに浸りながら家にはいった。



< 446/ 514 >