ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

病院…行かないよ⁇


ピンポーン♪

あっ!きた!
私はお寿司を受け取り、テーブルに出した。

お茶を準備していると…

快「おっ!きたか。」
お風呂から上がったみたい。

私「うん! はい。飲み物!」

快「さんきゅ!じゃ食べよう!」

私・快『いただきます』

快羽は美味しそうに食べ始めた。
私は箸が進まない。。

快「食わねーの?? ほら。あーん」
まぐろをくれるけど…

私「…ぃらなぃ。」

快「具合悪いの?」

私は首を横にふる。

快「じゃなに?発作でそう?」

また首をふる。

快「なら食べな。ちょっとでも食べないと…な?」
強引に口の中にお寿司を入れられる。

私「…ん……(もぐもぐ) …きもち…わるぃ。」
一口食べただけなのに気持ち悪くて洗面所に向かった。
快もついてきて…

快「そーゆうこと。。」


快「落ち着いた?」

私「うん。」

ふたりでリビングにもどった。


< 9/ 14 >