ケータイ小説 野いちご

キミノカケラ〜群青色の空と君と〜



最期の場所にするなら、人気がないトコがいい。


誰にも……特に“あの人”には絶対に見つからない場所。


どうせ私がいなくなったって何とも思わない。むしろ、清々するんだと思うけど。


子供を急に見かけなくなったら流石に周りが気付く。


ずっと見つからないまま、“あの人”が困ればいいんだ。




空が黒く染まる。


私の心の中と同じ、ドス黒い色。


もう私の中は何年も何年も暗く、光なんて差さない。



「時計広場か」



駅前の商店街を抜けるとすぐに広がる時計広場。


“眠らない街”と言われるだけあって、ここはいつも賑わっている。



時計の前でギターを弾き語る若い男性。


その周りを数人の客が囲っている。


広場の中央では、数人のグループがストリートダンスを踊り。


ベンチには甘い雰囲気の若いカップル。



ここにいる人は皆幸せそうに笑っていて。


それを冷めた目で見つめる私。



なんでこの人達はこんなに笑えるんだろう。



生きる意味って、何?


どうして生まれて来たの?


何で私はここにいるの?






< 2/ 180 >