ケータイ小説 野いちご

【完】お前だけは無理。



呆然と立ち尽くし、キーボードを叩く和哉君の姿をただ見つめる。


先程から必死にパソコンで何の資料を作っているのか、最後の最後にそれだけ気になって画面を覗いた。


私の目に映った、その画面には…






『早見浩太 処分検討書』と、 いう文字。




真人君も、涼介も帰ってるのに、なんの仕事が残ってるの?って思ってたら…。



…っ…。



必死に画面と向き合い、真剣に文章を並べ、打っては消し打っては消しを繰り返している和哉君。



私はその姿が切なくて見ていられなくて、静かに生徒会室を後にした。



ねぇ、その仕事は…いくら生徒会長でもあんたがすることじゃないでしょ…?


普通に、雪と浩太とかいう奴と、先生を含めて話し合えばいいはずなのに、なんであんたが必死に、そんなもん作ってんのよっ…。



……雪、ごめんね。


私、何も出来ない。



何か力になれたらよかったんだけどっ…私には、雪に何かを伝える権利はないみたい。



だって、私は知らない。


誰かを想って、あんなに苦しい顔をする人を、悲痛な声を出す人を。



まるで、どこかの物語の登場人物みたいに、

貴方たちは、許されない恋をした二人なの…?

< 152/ 470 >